arrowRightCircle arrowRightCircleLarge close search mail document stay restaurant chapel

環境への取り組み

環境活動

環境への取り組み

神戸ポートピアホテルは、企業の社会的責任として地球環境の保全が人類共通の最重要課題の1つであることを認識し、持続可能な社会を目指して、あらゆる面で環境負荷の低減に配慮する「地球環境にやさしいホテル」を目指してまいります。

活動の基本方針

①省エネルギーの推進

②省資源とリサイクルの推進

③環境への配慮

④地域社会との調和

省エネルギーの推進

ガスタービンコージェネレーションシステムの導入

ポートピアホテルでは、CO2排出量がより少ないガスタービンコージェネレーションシステムを導入して発電を行うとともに、その廃熱を給湯に利用しています。

客室カードキーに節電システムを導入

客室のカードキーは、お客様が入り口のキーポケットに差し込んでいる間のみ通電する仕組みとなっています。これにより不在時の空調の運転による電力消費を防いでいます。

LEDの導入

メインラウンジ光天井、本館1、2階ロビー、メンバーズサロンなどをはじめ、館内各所や客室へのLED導入を進め、省エネルギー、CO2の削減に努めています。

従業員ロッカー室に人感制御LED採用

従業員ロッカー室に、人感制御により不在時には照度が10%にまで減光されるLEDを採用しています。
これにより従業員不在時の省エネルギーの推進に努めています。

省資源とリサイクルの推進

廃食油のリサイクル

厨房から出る廃食用油は、飼料などの原料にリサイクルされています。
1年間に約18トン(18リットル缶で約1,800缶)の廃食用油が、配合飼料や工業用脱脂酸(石鹸、タイヤ、レザー等の原料)にリサイクルされています。

客室アメニティ

客室内アメニティのシャンプー・リンス、ボディソープ・ハンドソープは、小口の使い捨て容器から詰め替え式ボトルに変更して、石鹸や容器の廃棄量を削減しています。ボトルの注入ねじ部分は安全と衛生のため、収縮フィルムで密封しています。

連泊のお客様へ シーツ・タオル類再使用のお願い

水質汚染の防止と節水に貢献するため、連泊のお客様のシーツ、タオル類は、ご希望の方のみ交換しています。
交換をご希望の際には、備え付けのカードでお知らせいただいています。

また、トイレットペーパーは最後までご使用いただき、小さなエコへのご理解とご協力をお願いしています。

雑誌、パンフレット、シュレッダーごみのリサイクル

年間約10tが排出される雑誌、パンフレット、封筒などの雑がみやシュレッダーごみは、塵芥処理室内に専用回収スペースを設けて、リサイクル資源として回収しています。

環境への配慮の推進

仕入れ部門では、事務用品を中心にグリーン商品を優先的に購入しました。
2017年3月末現在のグリーン商品購入金額シェアは、83%となっています。

グリーン商品購入シェアの推移

地域社会との調和

毎月1回、ボランティアの従業員をメンバーとして、ホテル周辺の美化清掃を実施しました。
2016年4月から2017年3月までの間に延べ860名が参加しました。

毎月1回、15分間の周辺清掃活動「ちょこっと清掃」を行っています

宿泊部 統括支配人 中森 崇泰
現在毎月1回行っているホテル周辺の美化清掃活動を更に広げるべく、現在全社で取組んでいる経営品質向上プロジェクト活動の一つである“社会貢献活動”として、プロジェクトチームメンバーが中心となって、15分間だけの簡易清掃活動『周辺ちょこっと清掃』を、2011年6月から毎月1回行っています。
以前から毎月1回30分行なっている清掃活動とは時間帯も日程も重ならないようにし、時間も15分という短い時間なので、従業員の仕事の合間にちょこっと抜け出して参加して貰えばと思い現在も継続中です。
今後も地域社会に愛される企業を目指し、様々な活動に取組んでいきたいと思います。

PAGE TOP